「できない」から「手伝って」へ

 

f:id:kika-treeflower:20210425133022p:plain

「できない」から「手伝って」へ

 

子どもに「できない」と言われた時、黙ってやってしまっていませんか?大人同士でお願いをされる時も「できない」と言われて察して手伝うより、「手伝って欲しい」とお願いされた方がやっぱり気持ちがいいですよね。いくつかの幼児教室で勤めてきた私ですが、やはりどこでも「できないではなくて、手伝ってと言おうね」とお伝えしておりました。例え子どもだとしても、人に何かを頼む時はきちんとお願いをするように小さい頃から知っている方が良いかと思いますし、手伝う大人の気持ちも明るく変わる気がします。お互いがハッピーでいられるために心がけたい小さなことでした。

©2021 kika. All rights reserved