胎児に聞かせる音楽

f:id:kika-treeflower:20210613091054p:plain

胎児に聞かせる音楽

 

胎児にクラシックを聞かせると良いと言われていますが、本当はどうなのでしょうか?

妊娠5ヶ月を過ぎるとお腹の赤ちゃんはママの声を認識して記憶し、パパやよく聞く人の声を聞き分けられるようになります。ですから「音」はお腹にいてもきちんと届いているということなのです。

 クラシック全般というよりモーツァルトの曲の多くに「1/fゆらぎ」というものがあり人をリラックスさせる効果があると言われていて、赤ちゃんにも良いとされています。しかしモーツァルトやクラシックを普段聞かないのに頑張ってしまうとストレスになってしまうので、1番はお母さんが好きな音楽を聴くことが◎お母さんが好きな音楽を聴かせていたらお子様が生まれた後もその音楽を聴くと落ち着いたり、大好きで歌い始めるようになったということも。お母さんが歌うことが好きであれば、歌をたくさん歌ってあげるのも素敵ですね。

赤ちゃんの為にと思わず、まずはお母さんがリラックスして過ごすことができると結果的に赤ちゃんにも良い影響を与えられるので頑張り過ぎず、ゆっくりゆったりお過ごしください^^

©2021 kika. All rights reserved