食べる野草②ハゼラン

f:id:kika-treeflower:20210725085727p:plain

食べる野草②ハゼラン

 

3時に花が咲くことから「三時草」や「三時の貴公子」と呼ばれていたり、線香花火のように咲くことから「花火草」という名前も持っているハゼラン。その名称の多さからたくさん愛されていることが伝わってきます^^7月から11月くらいが美味しく食べられる時期で花が咲く前の若葉を頂きます(根っこの部分は漢方にもなるそうです)河川敷や道端など日本のどこにでも咲いていますが、たんぽぽなどと比べると少し見つけづらいかもしれません。ハゼランは食用としても実際に様々な国で食べられていてクセがなく、少しぬるっとした食感が美味しいです。ビタミンやミネラルたっぷりでデトックス効果があり夏にもぴったり◎サラダにして食べたり、さっと湯掻いて胡麻和えにしたり、炒め物に入れたり、スープに入れても美味しく食べられます。 

自然なもので優しく暮らしが豊かになりますように。

©2021 kika. All rights reserved