呼吸で心と体を整える

f:id:kika-treeflower:20210725115008j:plain

呼吸で心と体を整える

 

普段は意識せずにおこなっている呼吸ですが、心と体を結ぶことができる大切な役割があります。呼吸は栄養を体の隅々にまで行きわたらせ、呼吸の仕方を変えるだけで心を明るくさせることや、リラックス効果、頭がすっきりしたり、臓器を活発にさせることもできます。マスク生活で息苦しさを感じているから今だからこそ、大切にしていきたいですね。

 

~頭をすっきりさせたい時~

まずは目を閉じて呼吸だけに集中してみます。空気をすーっと取り込んで、出し切るということを繰り返すと自然と深い呼吸が生まれます。慣れてきたら息を吸うたびにその息が指先やつま先にまで流れていくのを感じて味わいます。

 

~心を明るくさせたい時~

ゆったりとリズミカルに行う呼吸法です。背筋をのばし、リラックスして座ります。お腹をきゅっとしぼませて鼻から息をシュッと出します。お腹をふわっと緩めて解放することで息が自然に鼻に入ります。カウント1でシュッと息を吐き、カウント2・3・4・5でお腹を緩ませてゆったり吸い込みます。

 

~臓器を活発にさせたい時~

朝食前などお腹が空の状態でおこなってください。あぐらや正座をして背筋をのばしてリラックスして座ります。軽く息をすってお腹を膨らませたら鼻から息を強くフッフッフッとお腹をへこませながら出しきります。お腹をふわっと緩めて解放することで息が自然に鼻に入ります。

 

~リラックスしたい時~

眠る前などにオススメの呼吸法です。口からゆっくりと息を吐き出します。口を閉じて鼻から息をすーっと4秒吸い込み、息を7秒止めます。8つ数えながら口から息をはきます。

 現代の人は昔と比べて「呼吸が浅い」と言われていますが、日々忙しく、緊張した状態やストレスを受けやすいことも関係してるようです。日常から呼吸に意識を向けて、「浅いかも。。」と感じたらしっかりと呼吸をしてリフレッシュしてみてください。

 

 

 

©2021 kika. All rights reserved