赤ちゃんから使える万能クレイ

f:id:kika-treeflower:20210801134805p:plain

赤ちゃんから使える万能クレイ

 

最近では様々なクレイ(泥)の商品を見かけるようになってきましたが、実は遥か昔クレオパトラも愛用していたと言われていて、自然療法として長い歴史があります。

クレイとは何億年という長い年月をかけて作られた粘土層から採掘し乾燥させたもので粒子が細かくミネラルが豊富なことが特徴です。含まれている成分によって「カオリナイト」「イライト」「スメクタイト」などと分類されて、産地によって「カオリン」「ガスール」など名前も変わってきます。クレイの特徴を知るには色で分類していくと1番分かりやすいです。

 

ホワイトやピンク

初めての人はここから挑戦すると◎刺激が少ないたので敏感肌や乾燥肌の方にもオススメ

ローズ、ベージュ、イエロー

普通肌の人にオススメ。刺激はホワイトなどに比べると少し強まる。保湿効果に優れる

レッド、グリーン、ブルー

ニキビ肌や脂性肌にオススメ。刺激は強めですが洗浄力と美肌効果に優れる

クレイは細かい粒子が毛穴の皮脂や汚れを吸着して綺麗にしたり、血液の循環を良くしてくれます。また日焼けしたての肌、傷跡、肌荒れにも効果的でミネラル成分が栄養を与えて肌を保湿してハリのあるお肌に導いてくれたり、デトックス作用も◎他にも消臭効果があるので玄関に置いてみたり、水と混ぜてスプレーで吹きかけることにより体臭を防いだりアトピーの緩和にもなるなど使い方も多様です。

私は毎日の朝の洗顔に刺激が少なく、どの肌タイプにもぴったりの「カオリン」をずっと使っています。ただし肌に直接使うものなので信頼できるブランドだったり産地や品質にもぜひこだわって欲しいです。個人的なオススメはフランスのアルジレッツ社のもので、日々使う量はちょっとなのでコスパも◎そしてズボラなタイプの私でも扱いやすいです。

●洗顔の方法●

ー材料ー

カオリン

密閉できる蓋のついた容器

木製のスプーン(クレイはナチュラルなものなので他の素材だと反応してしまう)

小皿

 

ー使い方ー

クレイを小さじいっぱい程の量を小皿に入れて、水をほんの少しずつ加えてマヨネーズほどの固さにする

顔全体に広げ優しくなでるようにくるくるする

優しく洗い流す

クレイ全般に言えることですがしばらく顔にのせていると乾いてきてフェイスパックにもなります(半乾きになったら流します)ので1、2週間に1度毛穴のお掃除として取り入れると◎他にも寝る前に水虫やニキビにちょんとクレイパウダーをのせてから眠ると治りを早めることもできるのでオススメです。

クレイをお風呂に入れる方法もあり、体の汚れだけでなく消臭・殺菌効果が体臭を減らしたりアトピーにも効果があります。また、血液の循環を良くしてくれるので筋肉痛や生理痛も和らげ、お肌に潤いをも与えてくれます。

クレイの中で刺激が弱いカオリン(ホワイト)は赤ちゃんにも使うことができ、おむつかぶれや湿疹、あせもにベビーパウダーのように使うことができます。かぶれなどがひどい時はカオリンの入った水で患部を優しく洗い、その後にまたパウダーのようにはたいてあげると◎精神を安定させる働きもあるので赤ちゃんの心も落ち着いていきます。沐浴にカオリンを入れたお湯で洗ってあげるのも日々のケアとして良いですね^^

 

自然なもので優しく、暮らしが豊かになりますように。

©2021 kika. All rights reserved