子どもは家族であっても、1人の「個」であること

f:id:kika-treeflower:20210801132122p:plain

子どもは家族であっても、1人の「個」であること

 

とても可愛い我が子であっても、そこにいるのは自分の分身でも、1部でもなくて1人の「個」であることは分かっていても難しい時がありますよね。親の価値観を共有してしまったり、自分ができたことは子どもも当たり前にできると思ってしまったり、逆に自分ができなかったことや成し遂げられなかったことを子どもの向き・不向きや興味関心がある・無いに関係なくやらせようとしてしまったりすることは起こりうることだと思うのです。もしも親がヴィーガンだったら子どもはヴィーガンにならないとだめなのか?親が医者であるから子どもも医者にならなければならないのか?親が英語が苦手だったから、子どもは早いうちからインターナショナルスクールに通わせるのか?など子ども自身がどのような感じているかにもよって親の行動が「サポートする」ことにも「押し付ける」ことにもなってしまうと感じます。そんな時は常に選択肢を与えてあげて、いつでも子どもが自分の意思で決めることができる関わり方であったり、「これは押し付けだっただろうか?」と意識し続けたり考え続けることはずっと必要なことなのかもしれないですね。みなさまの考えるきっかけになったら嬉しいです^^

©2021 kika. All rights reserved