本物のお塩の見分け方

f:id:kika-treeflower:20210822093647p:plain

本物のお塩の見分け方

 

塩には精製塩と天然塩の2種類があります。天然塩とは海水を鍋で煮詰めたり、太陽と光と風だけで作ったものでミネラルが豊富に含まれています。一方で精製塩とは工場で大量に作られた塩化ナトリウムのことでミネラルは含まれていません。お料理に欠かせない塩だからこそ、使うならミネラルなどの栄養素が入ったものを選んだ方がお得な気がしてしまいますし(※私の考えです)お医者さんが良く推奨している「減塩」はこの精製塩のことを指しています。スーパーで見極めるポイントはパッケージを見て「精製塩」「塩化ナトリウム99%以上」「イオン膜」「溶解」「立釜」「焼成」「乾燥」と書いてあり、値段が安いものは自然海塩ではありません。味は精製塩は尖った感じがあり、天然塩には甘味があり体を温めてくれる効果などもあります^^食べ過ぎはどんなものでも体に毒ですが、美味しいと感じたり体に必要な塩加減は人それぞれですので、食べてみて心地のよい塩加減にしてみてください。テーブルに塩をセットしておくとみんなが好みの塩梅にできるのでオススメです。

 

自然なもので優しく暮らしが豊かになりますように。

©2021 kika. All rights reserved