朝食までに10時間はお腹を休ませる

f:id:kika-treeflower:20210907060100p:plain

朝食までに10時間はお腹を休ませる
 


夜は何時頃にご飯を食べますか?養生の世界では、朝食までに10時間以上しっかりと時間をあけることで眠りの質も良くなり、内臓もしっかりとお休みが取れて元気に動いてくれると言われております。ですから眠る3時間前には夕食を済ませておくことが◎お腹が空いていなければ無理して食べなくても良いですし、いつもより量を少なくしたり野菜中心にしてみてください。そして朝ごはんにオススメなのはシリアルやパンよりもご飯がオススメで(欲を言えばお粥)体を温めてくれますしゆっくりと消化されながら脳と体のエネルギーとなってくれます。加えて納豆やお味噌汁などの大豆食品を一緒に取ることでちょうど夜眠る頃にメラトニンが分泌されて快眠に導いてくれます。ただし寝る前に携帯やパソコンを触ってしまうとその分泌が減ってしまうので、1時間前には控えてみてください^^

©2021 kika. All rights reserved