爪もみでバランスを整える

f:id:kika-treeflower:20210910110937p:plain

爪もみでバランスを整える

 


爪の生え際には様々な神経やツボが集まっているので、揉むことでリラックスすることができたり穏やかに体の不調に働きかけてくれます。

やり方はとっても簡単。親指と人差し指で揉みたい指の両方の生え際をはさみ10秒~20秒間ぎゅーっとします。これを「薬指を除いた」全ての手の指に行い、特に下半身の病状の効果を求める場合は足の指も全て行います。手の薬指を除く理由はこの指だけ交感神経(元気、活動的にしてしまう神経)を優位にしてしまうからなのだそう。1日にできたら2~3回行うのが良いそうです。そうすることで手足がぽかぽかしたり体が軽くなることもあり、寝る前に行うと眠りが良くなると言われております。中には痛みや病状が強くなることもあるそうなのですが、それは滞っていたものが活発に動き出した証拠で好転反応として捉えて爪もみを続けた方が望ましい効果を得られると言われております。それぞれの指がどのような症状や部位に効くのかについては書ききれないのでぜひ「爪もみ」で検索してみてくださいね^^

©2021 kika. All rights reserved