怒り、悲しみ、不安な感情も素直に出せる子に

f:id:kika-treeflower:20210920093309p:plain

怒り、悲しみ、不安な感情も素直に出せる子に

 

子どもが泣いていた時、とっさに「泣かないの!」と言ってしまったこと。初めての体験で不安そうにしている時に「それくらいで怖がらないの」と伝えてしまったこと。何もしない方がいいからと落ち着くまでほっといてしまったことってあると思います。「泣かないの」と言ってしまう時、大人はもしかすると自分が泣かれている状況に困ってしまったのかもしれません。「それくらいで」と言われた時、子どもは気持ちを否定されたように感じていたかもしれません。子どもというのはネガティブな感情を受け止めてもらえて初めて安心して乗り越えることができるようになっていきます。しかし、もしほっとかれてしまったら感情は誰にも受け止めてもらえないままになり、その先に習得できるはずの「耐える」「コントロールする」というところまで辿り着くことができなくなってしまいます。子どもはネガティブな感情にさらされすぎると気持ちを押し込めるようになったり、時には防衛反応として感じなくなってしまったり、瞬間的に固まったような上の空のような無の状態になってしまうこともあると言われております。泣いている時、不安な時はまずは優しく抱きしめてあげる、そっと背中に手を当ててあげる。そして「悲しかったね、不安だね」と感情に寄り添ってあげることで子どもは安心して感情を出すことができるようになり、気持ちを自分で対処できる子になっていきます。子どもが怒った時には「おこりんぼ星人やってきちゃったかい?」と楽しく伝えてみたりこちらの投稿もぜひ覗いてみてくださいね。このような状況はとっさに対応を求められることが多いと思うので難しいのですが、声かけをする前に大人が「自分の気持ちを優先しすぎていないかな?」と一歩冷静になることも大切なのかもしれません^^

©2021 kika. All rights reserved