雑草と言わないで。とっても優秀なハーブ「セイタカアワダチソウ」

f:id:kika-treeflower:20211003145522p:plain

雑草と言わないで。とっても優秀なハーブ「セイタカアワダチソウ」

 


この時期、河原や空き地などで良く見かけるセイタカアワダチソウ。海外では「ゴールデンロッド」という名前でハーブとしても親しまれています。とても生命力が強い為あらゆるところで生き生きとしているのですが、ブタクサに見た目がそっくりなので花粉症を引き起こすとしばし誤解されることも。実際には風に花粉を飛ばしてもらうのではなく虫の力で受粉する植物なのでそのようなことはありません。そしてこの植物、とっても優秀な薬草なのです。体の外に毒を出してくれると言われていて入浴剤として使用すれば乾燥肌や傷、アトピーの改善にも良いとされています。10月上旬くらいまでの黄色い花が咲く前の蕾の状態が良いとされ、上から約30cmくらいのところで切り、乾燥させ、布袋やお茶パック、縛った排水溝ネットなどに入れてお風呂を沸かしてくださいね。殺菌効果もあり、成分もより多く出てくるため湯船のお湯は2、3日変えない方が効果的とされていて酵素の力でぶくぶくと泡が出てくるのも楽しめます(アワダチソウという名前の通りです。やってみたい方はぜひ)

お茶として飲む場合は乾燥させたものを使用し、腎臓や肝臓のトラブル、腎臓結石、泌尿器系のトラブル、デトックスにも効果があり、体に水が滞っている時にも良いです。他にも関節の痛みや痛風の予防、口内炎、喘息、風邪を引いた時に飲むのも◎花粉症にもシーズンの数週間前から飲むことで病状を緩和してくれます。ただしキク科のアレルギーをお持ちの方はご使用の際は少しご注意ください。お近くで見かけたら、秋限定なので試してみるのも面白いと思います。

自然なもので優しく暮らしが豊かになりますように。

©2021 kika. All rights reserved