薬でも植物でもなく「手当て」するということ

f:id:kika-treeflower:20211003091707p:plain

薬でも植物でもなく「手当て」するということ

 


「手当て」の言葉の由来には手を当てて心や体を癒すことからきているとも言われていて、私にはなんだかそれがしっくりときました。お腹が痛くなると、なんとなくお腹を撫でてみたり悲しい時に背中を誰かにさすってもらうとすーっと和らぐことってありますよね。実際に手には軽い湿布の効果があったり、触れ合うことでオキシトシンが出ることなども分かっていますが、それ以外にもきっと手から伝わる特別な何かがあるような、あったらいいなと思っています。だからこそ薬や植物の力を借りる前にまずは自分自身に手当てをしてあげたいですし、心には特に誰かからの手当てがすごく意味のあることのような気がします。自分自身や大切な方々を優しく温かく手当てすること、意識していきたいです。

©2021 kika. All rights reserved