ハーブや薬膳は動物にも使える

f:id:kika-treeflower:20211010164945p:plain

ハーブや薬膳は動物にも使える

 

実はハーブや薬膳などは、人間だけでなく動物にも使うことができるとご存知でしたか?その中でも犬や猫が一番身近に取り入れられており、こんな風に使用されています。

100%ピュアナチュラルな精油(犬のみ)

犬に使える種類を使用しますが、嫌がる可能性もありますのでほんの少しティッシュに垂らして嗅いでもらい、犬の様子を見ながら判断して使用することができます。ディフューザーで10分ほど香らせたり、キャリアオイルでしっかり希釈してマッサージなどをします。薄めたハーブウォーター(100%天然なもの)であれば猫などにも使用することができます。精油の場合は人間も簡単に使用できるものではないので、しっかりと学んでからご使用されるのがベストです。

 

フラワーレメディー

植物のエネルギーのみ転写したものなので多くの動物に使うことができます。飲水やお食事に混ぜて使っていきます。

 

薬膳を与える

薬膳では病気になる前に日々の体調に合わせた食材でご飯を作ってあげることが大切です。こちらも薬膳の知識や動物に与えられない食材などを知っておく必要があります。

 

ハーブ

オーガニックのハーブティーやハーブの粉末を食事に混ぜて使用します。

 

ハーブや精油は種類によっては有害になってしまうものもあるので知識が必要です(本なども多く出版されています)与える量に注意をしながら、初めは特に少量ずつ与えることを意識してみてください。

 

このようなホリスティックなアドバイスや治療をしてくれる動物クリニックもありますし、手段としてお薬以外にも効果的な方法があるのだと知っていただけたら嬉しいです。

 

自然なもので優しく暮らしが豊かになりますように。

©2021 kika. All rights reserved