赤ちゃんが生まれる前にできる環境作り

f:id:kika-treeflower:20211107184825p:plain

赤ちゃんが生まれる前にできる環境作り

 

ベビーベットやバス、哺乳瓶やオムツなど赤ちゃんが生まれる前に準備しておくと良いとされる用品は色々とありますが、同じくらい大切なことの中に家の環境作りがあります。まずは大人が床に座る、かがむ、寝転ぶなどして赤ちゃんの目線になりながら家のどんなところに視線が行くのか、興味を抱くのかを考え、観察してみます。もしかすると「床暖やカーペットの上に赤ちゃんを置くのは体温が上がって危ないかも」「乾燥しやすいから加湿器が必要かな」「ハイハイし始めたら、この隙間のほこりに触ってしまうかも」「危険なものを手が届くところに置いちゃってたな」「ここぶつかったら怪我しそう」「電話やテレビが近くにあって目や耳を刺激してしまうかも」など様々な発見があるかもしれません。子どもは1歳までは今見えている世界に慣れ親しみ安心することが大切なので、その間は引っ越しをしたり部屋を模様替えをするなどの環境を変えるようなことはなるべく控えた方が良いとされています。赤ちゃんをお迎えする準備の一つとしてぜひ環境も意識しながら整えてみてください。

©2021 kika. All rights reserved