風邪は風門や風池で防ぐ

f:id:kika-treeflower:20211211093651p:plain

風邪は風門や風池で防ぐ


風邪は東洋医学では「ふうじゃ」と呼ばれ、風が体内に入ることでもたらされる悪い影響のことを指します。風が体内に入り、熱を奪って皮膚や粘膜を乾燥させることでウイルスや細菌が入りやすくなりその結果「カゼ」をひいてしまうのです。カゼの初期症状には色々な対策法がありますが、今回は「風門」と「風池」というツボで整えるお話です。「風門」とは両サイドの肩甲骨のてっぺんの間にあります(位置が分からなければネットで調べてみてくださいね)ちょっとぞくっとした時、なんだかカゼをひきそうだという時に誰かに風門をさすったり押してもらう、お灸を貼ってもらうのも良いですが、一人でなんとかしたい時にはドライヤーで温めたりミニサイズのカイロを貼るのがおすすめです。風池は首の後ろの髪の生えぎわにあるツボで左右同時に押してみたり、ホットタオルやドライヤーで温めるのも◎カゼを水際で防げるように、ツボもぜひ意識してみてください。

©2022 kika. All rights reserved