唐辛子を靴下に入れて温める

f:id:kika-treeflower:20211219085414p:plain

唐辛子を靴下に入れて温める

 

おばあちゃんの知恵袋として昔から唐辛子を靴下に入れて足先を温めるというものがあります。唐辛子に含まれている「カプサイシン」という成分に発熱作用があり、摂取しなくても皮膚を通して温度を1~2度あげてくれるそうなのです。使い方は唐辛子(鷹の爪)を2本ティッシュやガーゼ、お茶パックなどに包み靴下をはくだけ◎(ヒリヒリしてしまうので必ず直接肌には触れないようにしてくださいね)じんわりとした温かさを感じられると思います。効果が薄れてきたと感じたら新しい唐辛子に交換してみてください。自然なもので優しく暮らしが豊かになりますように。

©2022 kika. All rights reserved