道端で見かけるパワフルな漢方「ネズミモチ」

f:id:kika-treeflower:20211226160136p:plain

道端で見かけるパワフルな漢方「ネズミモチ」

 


10月から少しずつ黒い実になるネズミモチ。漢方名では女貞子(じょていし)と言い、若返りの薬と知られていて「胃腸を元気にし、五臓と心を安らかにし、どんな病気でも治す」と言われております。

一番シンプルなのは実をそのまま、もしくは乾燥させて食べることもできますが、ちょっと手間をかけるとこんな方法もあります。

葉っぱのお茶

葉っぱを乾燥させた後、フライパンで軽く手で混ぜながら水気を完全に飛ばします(混ぜる時に手に水分を感じられなくなったらOK。青くさい感じを残すため香ばしくさせないように注意です)1.5リットルの水に一握りの葉っぱを入れて沸騰させます。沸騰したら中火にして5分ことことしたら完成です。味は、、体に良さそうな味がします。

エキス作り

実や葉っぱ、枝を水に2日間つける。液だけを中火でぐつぐつさせ、弱火にします。とろみが出たら完成です。苦いですがスプーンで1杯飲んだり料理にちょっと入れたりすると◎

他にも丸薬や飴にする方法もありますが、ご興味のある方は調べてみてくださいね。鳥が大好きなので無くなる前にぜひ確保してください。

自然なもので優しく暮らしが豊かになりますように。

©2022 kika. All rights reserved