痛みに効く精油の湿布

f:id:kika-treeflower:20211226162633p:plain

痛みに効く精油の湿布

 

痛みが出たとき、ついお薬に頼りたくなりますが、精油の湿布を試してみるのはいかがでしょうか?精油の湿布には「温」湿布と「冷」湿布があります。

 

「温湿布」

肩や背中、生理の時の辛い痛み、腹痛、目の疲れ、筋肉痛に効きます。

 

「冷湿布」

発熱、日焼け、赤み、ひりつき、捻挫や打撲、腫れなどに効きます。

 

桶に60度のお湯(温湿布の時)または水(冷湿布の時)を注ぎ100%ピュアナチュラルの精油を1~3滴入れます。(ご使用頂ける精油はこちらをご覧ください)タオルを入れて吸い取ったら、吸い取らせた面が内側にくるように折りなおし、絞ったら完成です(精油が直接肌に触れないための工夫になります)当てすぎに注意しながら自分が心地よいと思う長さでおこなってください。

発熱時はおでこよりもリンパの集中している首回りや脇の下にあてると効果を得られやすいです。ラベンダーはリラックス効果があり、鎮静作用や筋肉の緊張を和らげるので温湿布、冷湿布どちらにもお使い頂けて便利です。

 

自然なもので優しく暮らしが豊かになりますように。

 

 

©2022 kika. All rights reserved