マグノリア(木蓮)のお薬になる使い方

f:id:kika-treeflower:20220319125107p:plain

マグノリア(木蓮)のお薬になる使い方

 

白や紫の美しいマグノリアの花。公園や街路樹になっていることも多く、ぱっと目を奪う存在感があります。そんなマグノリアやその仲間のコブシは漢方薬としても使われていて、韓国ではその花茶が香りが良く美味しいと評判なのだそうです。効能としては血の巡りを良くしてくれる為、頭痛や月経痛、喉の痛み、気管支炎、鼻詰まり、花粉症やアレルギー性鼻炎にも効くのだそう◎ただし、街中にあるものはあまり安全とは言えませんので、綺麗な空気の下で育ったものを採取するのがおすすめです。少し開き始めた花を摘んで、蕾を開いて乾かしお茶にしてみてください。購入する場合は白木蓮茶、玉蘭茶と検索して頂くと、商品が出てくるかと思います^^甘味もあり、カフェインも入っていないのでお子様でも安心して飲むことができそうです。この春は、眺めるだけでなく花茶を頂いて春を味わうのも良いですね。

自然なもので優しく暮らしが豊かになりますように。

©2022 kika. All rights reserved