1日の正しい水分量について

f:id:kika-treeflower:20210530151806p:plain

1日の正しい水分量について

 

 

「水を1日2ℓ飲むのが良い」と聞いたことがある方、いらっしゃいますか?

今回は養生の視点から正しい水分量のお話をしたいと思います。

人間は飲み物以外にも野菜や果物、スープなど日頃の食事からも水分を取っています。ですから飲み物は1.2ℓ~1.5ℓくらいを飲み、残りは食材や食事から摂取してトータルで2ℓになることが理想です。ただし運動をされている方は少しオーバーしてしまっても構いません。必要以上に水分を取ってしまうとむくみや冷え、病気にもつながり体にとって負担になってしまうので注意しましょう。

 

ー水分を取る時に意識したいことー

 

水分は少しずつこまめに飲む。

一度にたくさんの量を飲んでしまうと体は水分を処理できず、病気を引き起こす原因にもなります。

 

水分として取るものはノンカフェインにする。

カフェインは利尿作用が強いので飲んでも排出されてしまいます。楽しむ分には良いのですが、あくまでも水分補給としてはノンカフェインがおすすめです。

 

できるだけ温かいものか常温で頂く。

体を冷やすので水分はできるだけ温かいものか常温にしましょう。暑い時期はとびっきり冷たいもので喉を潤したくなりますが、少し冷えているくらいのものにしましょう。



自然なもので優しく暮らしが豊かになりますように。

©2021 kika. All rights reserved