ハレの日、ケの日

f:id:kika-treeflower:20210808173933p:plain

ハレの日、ケの日

 

昔から日本ではハレの日(お祭りの日)とケの日(日常の日)のバランスを大切にしてきました。ケの日があるからこそハレの日を楽しむことができ、ハレの日があるからこそケの日もコツコツ頑張ることができます。しかし昔と比べて今は毎日「ハレの日」の過ごし方をしている人も多く、お酒を毎日飲み、スイーツを楽しみ、ご馳走や外食も気軽にすることができ、夜更かしもできて、色んなところに出かけて、欲しいものも買うことができて自由です。しかし好きなこと、楽しいことばかりしていくと体にとっては負担が大きいので時には体調を崩してしまうことも。

どちらも大切だからこそ、どちらもなおざりにはせず、今ハレの日が多いのならちょっとだけケの日を増やして調整してみる。1週間を振り返って「ハレの日が多かったかな?」と自分でバランスに気がついていく。予定を入れすぎていたら少し減らしてみる。そしてケの中にある幸せも見つけていく。そんな風にして良い塩梅を見つけていくことで本当の心地よさが分かってくるのかもしれません^^

 

©2021 kika. All rights reserved