冬は早寝遅起きがちょうどいい

f:id:kika-treeflower:20211219081435p:plain

冬は早寝遅起きがちょうどいい

 

人も省エネモードになる寒い冬。養生の世界でも冬は静かにゆっくりと過ごすことが良いとされていて、生命エネルギーを蓄えるためにたっぷりの睡眠を欲します。できたら日の出と共に起きるくらいがちょうどよく、夜はなるべく早く眠りにつきます。そうすることで日中も睡眠で蓄えたエネルギーを使って暖かく元気に過ごすことができ、自律神経も整います◎冬は頑張りすぎたり、汗をかく激しい運動をしたり、疲れすぎてエネルギーを消費しないように。ここで無茶をしてしまうと春に「体の冷え」などのツケがやってきてしまいます。遅く起きられない人は朝から「とにかく体を温める」を意識して対策するだけで体が変わっていきます。冬眠する動物もいるように、人間だって動物。冬はとにかく頑張らない!をキーワードに、できるだけ春までゆったりモードでお過ごしください。

©2022 kika. All rights reserved