お友達のものを取ってしまう子の心理

f:id:kika-treeflower:20210710201345p:plain

お友達のものを取ってしまう子の心理

 

まだ自分のものと他人のものの区別がついていない乳幼児期。使いたい!触りたい!という気持ちが優先してしまって「取る」という行動になってしまいます。お子様の性格などにもよってこの独占欲の強さは変わりますが、大人でも隣の芝生は青く見えることありますよね。お子様はその気持ちがより一層強いのです。

そんな時は「順番だから終わったら貸してもらおうね」「急に取られたらお友達も悲しいよ。貸してって聞いてみて、いいよって言ってくれたら借りようね」「そうだよね。使ってみたかったよね」と寄り添う声かけや、ルールや相手の気持ちなどを繰り返し伝えていくことで2歳後半から徐々に理解できるようになっていきます(やらなくなるということではないです。頭で分かっていても気持ちが抑えられない時もあります)

逆にお友達に「貸して」と言われてまだ遊びたい時は「だめ」ではなくて「あとで」と伝えると良いことも教えます。中には本当はまだ遊びたかったのにも関わらず貸してしまう子もいるので「えらいね!」などとすぐ伝えてしまう前にお子様の様子をよく見て「本当に貸しちゃっても平気?遊びたかったら、あとでって言ってもいんだよ」と伝えてあげられると素敵ですね。

そして取らずに相手にきちんと伝えることや気持ちよく貸してあげることができた時は「ちゃんと言えたね!優しくできたね」と褒めてあげることも大切です^^

©2021 kika. All rights reserved